スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. -------- -- --:--|
  2. スポンサー広告

読んだ小説等の感想

最近の読書メモ。
感想サボっている本が他にもあるけど、それはまたいつか、時間のある時に。

反町茂雄『一古書肆の思い出3』
安倍良俊『isolated city 設定スケッチ』
フレドリック・ブラウン『発狂した宇宙』
フレドリック・ブラウン『未来世界から来た男』
井沢元彦『猿丸幻視行』
小川洋子『ミーナの行進』
ダシール・ハメット『マルタの鷹』
萬屋直人『旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。』
伊藤計劃・円城塔『屍者の帝国』
石坂洋次郎『寒い朝』

……の10冊。

読んだ小説等の感想…の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015-11-17 Tue 23:25|
  2. 読書メモ

戦争と奇術――坂本種芳「香炉と紐」の周辺――

先日、旅先の古書店で『創作奇術四人集』(緒方奇術記念刊行会、1976年)という本を見つけ購入した。名前の通り、四人のマジシャンの創作奇術が収載されている。その中には坂本種芳の有名な「香炉と紐」も含まれる。この奇術とその仕掛の概要は同氏著の『奇術の世界』(力書房、1943年)で知っていたが、『創作奇術四人集』の記述はそれよりずっと詳細でわかりやすい。この奇術に関心のある人がいれば、こちらをおすすめしたい。


『創作奇術四人集』            『奇術の世界』

戦争と奇術――坂本種芳「香炉と紐」の周辺――…の続きを読む
  1. 2015-11-12 Thu 04:16|
  2. 手品

| トップ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。