スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. -------- -- --:--|
  2. スポンサー広告

The Illusionist (Sylvain Chomet)

Twitterでは興奮して思わずぶつぶつ呟いてしまいましたが、昨日、マジシャンが主人公の映画情報を見つけました。
しかも今年2月のベルリン映画祭で発表されたばかりの日本未公開作品。
シルヴァン・ショメ監督の『The Illusionist』というアニメーション映画です。

この題を聞いてピンと来た方もいるかもしれませんが、数年前にも『The Illusionist』という全く同じタイトルの映画がありました。(邦題は『幻影師アイゼンハイム』でしたが。)
そちらは主演のエドワード・ノートンが非常に良い雰囲気を出していて、個人的にはとても好きな映画の一つです。


しかし、今回見つけた作品はそれとは全くの別物です。

この映画の主人公は、流行りのロック歌手に仕事を奪われ、陰の薄い仕事ばかりこなすようになった老奇術師。そんな彼が、ある時訪れた地方の村で、彼を本物の魔法使いと信じて疑わない一人の少女と出会います。この少女との出会いが、彼の人生を少しずつ変えていきます。

という感じのストーリーみたいです。
このあらすじは、WikiやIMDBを翻訳して僕なりにまとめただけなので、実際のストーリーと食い違いがあるかもしれません。
何しろ映画そのものをまだ見られていないので(;^^)

この映画は、『幻影師アイゼンハイム』のtranscriptを探している最中に、たまたま見つけただけなのですが、公式サイトの紹介ムービーを見ていっぺんに虜になりました。
今月16日に英・仏での一般上映が始まるそうで、その他の国での公開日時は未定のようです。
というか、そもそも日本で公開するのかどうかも不明なのですが、IMDBに載っている情報を見る限りでは日本での配給元がクロックワークスカンパニーとなっているので、何かしらの形で輸入はされるようです。

本当に楽しみです。
昨日の夜は、早く寝なきゃと思いながらも夜中(早朝)の4時頃まで情報漁りまくってしまいました。
僕はもう今はマジシャンをしていないのですが、なんだかまたマジックしてみようかな、と思わされてしまいました。
観客がロック歌手に熱狂しているのを見ながらステージ袖で待機している場面なんて、もう胸がキュンキュンします。
懐かしい、という思いです。ああ、巡業行ってたときはこんな感じのこともあったなあというのが思い出されました。

まだいつ見ることができるのかわかりませんが、もし日本の映画館で公開されたら絶対見に行きます。DVDが出たら絶対買います。
今後の情報をしっかりチェックしておこうと思います。



ちなみに公式サイトはこちら
※公式サイトはフランス語ですが、FLASHアニメなので雰囲気はわかると思います。



◆2011/4/18 追記
六本木TOHOシネマズで観てきました。
マジシャンとしての視点から感想など書いています。
こちらからどうぞ(多少ネタバレ含みます。注意。)
  1. 2010-06-04 Fri 23:28|
  2. 手品

<<新しいエントリ| トップ | 古いエントリ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。