スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. -------- -- --:--|
  2. スポンサー広告

初詣

初詣に行って参りました。

以下、写真。

初詣…の続きを読む
  1. 2013-01-11 Fri 22:58|
  2. 雑記

高等遊民になりたい

“ニートになる不安”大学生の半数超 - NHKニュースweb
今の大学生の半数以上が卒業後に就職ができず「ニートの状態になることが不安」と考える一方、大学の就職課などを半数以上が「利用したことがない」と答えるなど、就職をめぐり、学生と大学の協力がうまくいっていないことを示すアンケート結果が明らかになりました。



「働らくのも可いが、働らくなら、生活以上の働でなくつちや名誉にならない。あらゆる神聖な労力は、みんな麺麭を離れてゐる」
 平岡は不思議に不愉快な眼をして、代助の顔を窺つた。さうして、
「何故」と聞いた。
「何故つて、生活の為めの労力は、労力の為めの労力でないもの」
「そんな論理学の命題見た様なものは分らないな。もう少し実際的の人間に通じる様な言葉で云つてくれ」
「つまり食ふ為めの職業は、誠実にや出来悪いと云ふ意味さ」
「僕の考へとは丸で反対だね。食ふ為めだから、猛烈に働らく気になるんだらう」
「猛烈には働らけるかも知れないが誠実には働らき悪いよ。食ふ為の働らきと云ふと、つまり食ふのと、働らくのと何方が目的だと思ふ」
「無論食ふ方さ」
「夫れ見給へ。食ふ方が目的で働らく方が方便なら、食ひ易い様に、働らき方を合せて行くのが当然だらう。さうすりや、何を働らいたつて、又どう働らいたつて、構はない、只麺麭が得られゝば好いと云ふ事に帰着して仕舞ふぢやないか。労力の内容も方向も乃至順序も悉く他から掣肘される以上は、其労力は堕落の労力だ」

(夏目漱石『それから』



このくらいのことを豪語できる身分になりたい。
  1. 2012-04-21 Sat 19:33|
  2. 雑記

このごろ

ヤン・シュヴァンクマイエルの作品に『家での静かな一週間』(原題『Tichý týden v domě』)というよくわからないものがある。(よくわからないというのはこれにかぎらず彼の作品の多くに言える)

このごろ…の続きを読む
  1. 2012-02-19 Sun 04:08|
  2. 雑記

加茂紙

加茂紙の伝統技術を伝えようと加茂市が加茂紙の紙漉き技術保存振興事業をスタート、公募した10人が技術を学ぶ

かつては県内有数の和紙「加茂紙(かもがみ)」の生産地だった加茂市。その伝統技術を伝え残そうと公募した10人による「加茂紙」の製作技術を学ぶ紙漉き技術保存振興事業が20日、スタートした。
(2012.1.21 kenoh.comより)



加茂紙…の続きを読む
  1. 2012-01-31 Tue 00:20|
  2. 雑記

2012年

新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。


新年乃始乃波都波流能家布敷流由伎能伊夜之家餘其騰
(新しき年の初めの初春の今日降る雪のいや頻け吉事)
萬葉集・巻20・四五一六
  1. 2012-01-01 Sun 11:05|
  2. 雑記

新しいページ| トップ | 古いページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。